ボートレース場紹介

ボートレースからつの特徴と予想のコツを紹介!広い水面を攻略する地元勢が有利

佐賀県唐津市にあるボートレースからつ。いまや日本トップのボートレーサーとして知られる峰竜太選手の地元としても知られています。

そんなボートレースからつは全国有数の広さを誇るレース場で、スピード感あふれるレースが展開されています。一方でモーターに差がでにくいので、状況に対応できる地元選手が有利という傾向にあります。こちらの記事では、ボートレースからつの特徴と予想のコツを紹介します。ポイントをしっかり押さえて、ボートレースからつでの舟券的中率をアップさせましょう!

銀太
銀太
朝起きたら”からつ”からっ!って言うよね

べーやん
べーやん
そうそう、言うよn…って初めて聞いたわ!でも、からつから攻めるなんて、銀太もなかなかのやるねー。そしたらこの記事は絶対に読んでおいたほうがいいぞ

ボートレースからつの基本データ

ボートレースからつの特徴

ボートレースからつの水質は淡水、日本でも屈指の広さをもつプール型のレース場です。そんなボートレースからつは、どんな水面特徴があるのでしょうか、ここからはボートレースからつの水面特徴などを紹介します。

舟券/水面の特徴

ボートレースからつの水面特徴
水質 淡水
水面タイプ プール
流れ・水位変化 あり
チルト角度 -0.5 0 +0.5 +1.0 +1.5 +2.0 +3.0

全国有数の広さを誇る

ボートレースからつは全国有数の広さを誇るレース場で、迫力あるスピード戦が展開されます。艇間の距離も広くなるので、まくり差し率が高く、見ていて楽しいレースが展開されていきます。

中でもピットから第2ターンマークまでの距離178メートルは全国最長。1号艇の枠なり進入率は全国平均99%に対して、からつでは97.5%。それだけピット離れが難しく、選手によってはプロペラをピット離れ仕様にする選手もいます。ピット離れが得意or苦手な選手がいるときは、枠なり通りの体型にならないことも想定しておきましょう。

風の傾向が通常と逆

ボートレースでは向かい風が吹くと、インコースが不利というのが定説です。しかしからつでは、この傾向と逆の結果がでています。からつでは向かい風になるとインコースが強くなり、追い風になるとインコースが弱くなります。

実際向かい風6メートル以上の1号艇1着率は56.7%、追い風6メートル以上の1号艇1着率は49.8%。からつ全体の1号艇1着率は54.8%なので、その傾向がおわかりいただけるかと思います。

ボートレースからつでは朝は向かい風、午後は追い風に変化することが多いです。朝のレースはインコースが強い企画レースが組まれていますので、その強さを風がより後押ししてくれます。

ボートレースからつのレースデータ

コース別成績(2020年総合)

コース 1着率 2連帯率 3連帯率
1 54.8% 72.8% 81.2%
2 16.2% 42.1% 59.3%
3 11.6% 33.3% 54.7%
4 10.7% 27.3% 49.9%
5 5.1% 17.6% 35.9%
6 1.5% 7.3% 19.7%

ボートレースからつは1コース1着率が54.8%と、全国15番目です。一方で2コースの勝率は全国トップクラスで高い傾向にあります。ボートレースからつでは追い風が吹きやすく、その恩恵を受けるのが2コースということになっています。特に追い風6メートル以上になると、2コースの1着率は20.1%になるので要チェックですよ。

コース別成績(2020年優勝戦)

コース 1着率 2連帯率 3連帯率
1 65.7% 80.0% 91.4%
2 8.5% 40.0% 51.4%
3 11.4% 31.4% 60.0%
4 5.7% 25.7% 45.7%
5 2.8% 17.1% 37.1%
6 5.8% 5.8% 14.7%

実力者が出そろう優勝戦では、1コースの勝率がアップする傾向にあります。ボートレースからつは傾向通り、1コースの勝率がさらに高まります。一方強い1号艇が壁になる2号艇は、優勝戦では苦戦していることがわかりますね。

3連単平均配当

3連単平均配当:7,164円(全国18位)

3連単平均配当は7,164円と全国18位です。全国平均よりやや低いという結果になりました。

3連単万舟率

3連単万舟率:16.0%(全国15位)

3連単万舟率は16.0%と全国15位の数字です。万舟率は全国平均くらいですが、ときおりびっくりする高配当が飛び出すのもからつの特徴です。2017年には4月に32万6870円、7月に25万4660円、12月に30万3480円という高配当がでました。インコースが強いレースで穴がくると、一発大逆転の万舟券的中が体験できるかもしれません。

ボートレースからつ予想のコツ

これまでの内容を踏まえて、ボートレースからつで予想をするときのコツを紹介します。抑えるべきポイントをしっかり見極めて、舟券的中を目指しましょう。

地元選手のアドバンテージが大きい

ボートレースからつでは、地元選手のアドバンテージが大きいと言われています。理由としては以下の点が挙げられます。

  • 追い風になることが多くスタートが難しい
  • エースモーターが出現しにくくモーター調整力が勝敗に直結する
  • ピット離れに強い

特に地元の有力A1選手は初日からモーターを仕上げてくる傾向にあるので、高い確率で舟券に絡んできます。地元選手が出走するときは、要チェックですよ。

企画レースで1号艇に有力選手が出場する

ボートレースからつでは、企画レースが多数おこなわれます。

  • 1レース(朝1戦):1号艇にA級
  • 2レース(モー2ング戦):1・2号艇に主力選手
  • 3レース(3ライズ戦):1・3に主力選手
  • 4レース(おは4戦):A級3人、B級3人

このように1~4レースでは1号艇に有力選手が入る企画レースが組まれるため、1号艇の勝率が64%と高くなっています。一方で予想が固まるので大穴がでる可能性があります。先ほど紹介した20万円を超える万舟券は、いずれも1・2レースで出現したものになります。本命党・穴党どちらも楽しめる企画レースですね。

企画レース以外では1号艇の勝率が下がる

一方企画レース以外の通常レースでは、1号艇の勝率は45%と下がります。これは1号艇勝率が低い戸田・江戸川・多摩川並みの数字です。つまり通常レースでは波乱も起こりやすいということですね。企画レースと通常レースでは予想方法が変わってくるので、どのレースに賭けるのかしっかり見極めることが大切です。

その他ボートレースからつの情報

おすすめご当地選手

峰選手:2004年デビュー。2021年7月現在人気・実力共にボートレース界ナンバーワンの呼び声がある。これまでSG5勝を達成しており、今後も優勝が期待されています。

深川真二:1992年デビュー。2017年ボートレースダービーでSG初優勝、2020年グランプリでも優勝しSG2勝目。ベテランの域に入りつつある選手ですが、今が全盛期と思わせるほど伸びている選手です。

おすすめグルメ

ちゃんぽん:キャベツ、もやし、たまねぎ、コーン、お肉、かまぼこなど具だくさんのちゃんぽん

マスコット

イルカをモチーフとした「か・らっキー」がメインマスコット。

ボートレースからつまとめ

ここまでボートレースからつの情報を紹介していきました。これまでの情報をまとめると、以下のようになります。

  • 向かい風はインコースが強くなり、追い風はインコースが弱くなる
  • 地元選手が有利
  • 企画レースと通常レースで勝率が大きく異なる

ボートレースからつは全国有数の広さを誇るレース場で、迫力あるレースがたくさん見られます。風や地元選手など予想のファクターも多いので、予想もとても楽しいですよ。ボートレースからつの予想をするときはぜひこの記事を何度も見返して、ボートレースからつの特徴・予想のコツをつかみましょう。

銀太
銀太
どのレース場も地元選手が有利って言われるけど、からつは特に要チェックだね!